foobar2000でColumns UIを導入する

foobar2000についてのメモです。Columns UIの導入についてです。

Columns UIを導入すると

Foobar2000にも始めから数種類のレイアウトが存在しますが、Columns UIを導入するともっとカスタマイズできるようになります。

導入前のFoobar2000
導入後のFoobar2000

始めから数種類のレイアウトが用意されているので、カスタマイズしなくてもそこそこ使いやすいと思います。

また、Columns UI対応のコンポーネントを使えるようになります。

Columns UI導入

今回の導入にはFoobar2000 v1.4.1 のポータブルを使用しました。

Columns UI

上記のサイトからColumns UIをダウンロードします。

Foobar2000を開いて、「File」「Preferences」を選択。

「Components」を選択して右下の「Install…」から先ほどダウンロードしたファイルを選択して「開く」。

右下の「OK」をクリック。次にFoobar2000が再起動するか聞かれるので「OK」で再起動させる。

Foobar2000が開いたら「Columns UI」を選択して、レイアウトを選択する。レイアウトを選ぶと後ろでFoobar2000のレイアウトも変化しているので、見ながら好きなものを選ぶ。後でも変えられるので適当に選んでもOK。

後で変更したいときは 「File」「Preferences」 「Display」の中に「Columns UI」と選択したら右側の「Main」タブ内の「Set-up」「Quick set-up」を選択すると、レイアウトを選べるようになる。

あとがき

Columns UIに対応したコンポーネントを足して加えていくとカスタマイズがたのしいですよ。