ギミック大幅緩和で楽に!ハウケタ御用邸の変更点まとめ

FF14のIDの「名門屋敷 ハウケタ御用邸」といえば、スタンを使う場所が多くて大変だし、3ボス目ではギミックを処理できなかったり、すごくしんどいダンジョンのイメージがありました。6.1では、雑魚・ボスに調整が入り遊びやすくなっているので、どこが変わったのかご紹介したいと思います。

変更点

御用邸のメイドに見つかってすぐに使ってきた「ダークミスト」という大きな円範囲攻撃がなくなり、すぐにスタンをしなくてもよくなりました。ただし、円範囲攻撃自体は残っているので、戦闘中に使ってくることがあります。

「小さな鍵」等の鍵拾いは従来通りあります。

1ボス前は、「御用邸のメイド」複数体から「御用邸の守衛」1匹になりました。

地下に行くときの踊り場にいた雑魚がいなくなりました。

2ボス討伐後、魔力の奔流が現れるようになりました(デジョンしなくてもよくなりました)。

3ボス「レディ・アマンディヌ」のギミックが大幅に緩和されました。

  • 雑魚出現は1体ずつ&詠唱あり
  • 不気味なランプがなくなった

「妖異召喚」と6.1前の雑魚がたくさんの画像

不気味なランプ(6.1前の画像です)

最後に

ハウケタ御用邸は、6.1以前だとデジョンが必要で、リキャストが戻っていないと使えなくて待ってもらったり、3ボスでランプを消してくれない人がいたり、雑魚が多くてとても大変な印象でした。

6.1ではデジョンも解消され、ランプもなくなり、雑魚も1匹ずつしか召喚されません。

鍵を拾って部屋を探索していくという従来のホラーな雰囲気は保ったまま、大幅に遊びやすくなりました。

レベリングルーレットなどで当たる機会もあると思いますので、ぜひ雰囲気を味わいつつ楽しんでください。